ドコモで回線譲渡はブラックリストの対象になってしまう!?譲渡後即解約は危険!

ドコモで回線譲渡はブラックリストの対象になってしまう!?譲渡後即解約は危険!

最近ではドコモはパケット定額への加入が必須になったりと、携帯乞食に対して厳しくなっています。

同時にブラックリストの基準も厳格化されてきているようです。

 

基本維持する期間は「半年」。

これ以内に解約やMNP転出すると、即解約と見なされ、預託金、ブラックリスト入りという危険がでてきます。

 

ですが、もうひとつ、回線が増えすぎたとき使うワザ「回線譲渡」も使いすぎると危険という話がでています。

 

「回線譲渡」は主に、家族に回線を譲渡することで、契約回線の音声回線を増やす方法。

 

これ、家族に譲渡して、即解約するとBL入りしてしまうんです。

 

一見、これだと譲渡された側のブラックリスト入りに見えますが、それだけではありません。

譲渡した側のマイナスにもなってしまうとのこと。

 

譲渡する方は安全なんてことはないので、注意です!

さらに・・・

超絶怒濤の携帯乞食向け激アツ案件発生中!キャッシュバック日本一!特にオススメはiPhone8の月額0円維持裏技!ここには書けない秘密のキャンペーンも!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析