ブラックリスト入りは法律では違法!?キャリアは「それなりの事情」がなければ契約拒否することは許されない!?

ブラックリスト入りは法律では違法!?キャリアは「それなりの事情」がなければ契約拒否することは許されない!?

今回は、携帯乞食につきもののブラックリストの話です。

契約や解約を繰り返しているとブラックリスト入りしてしまい契約を拒否されることがあります。

 

でも、これって法律では大丈夫なんでしょうか?

基本的には通信会社が特定の人の契約を断るというのはだめな行為だということです。

 

ですが、これだと悪質なユーザー振り回されてしまいます。

なのでブラックリストというものが存在するわけですが。

 

グレーなんですね。ブラックリストは。

 

「それなりの事情」がなければ契約拒否をすることができません。

この「それなりの事情」というのは「お金を支払わず滞納する人」というのが基本的ですが、このほかに「契約と解約を繰り返す人」というのが含まれるのかどうかが問題なのです。

半年ごとにキャリアを乗り換えて使っている人は「それなりの事情」に含まれるのか疑問ですよね。

 

今後も携帯乞食とキャリアの戦いは続きそうです。

さらに・・・

超絶怒濤の携帯乞食向け激アツ案件発生中!キャッシュバック日本一!特にオススメはiPhone8の月額0円維持裏技!ここには書けない秘密のキャンペーンも!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析