回線が上限いっぱい埋まっていてMNPできないときは「切断型MNP番号」を発行すればできる!その方法は?

回線が上限いっぱい埋まっていてMNPできないときは「切断型MNP番号」を発行すればできる!その方法は?

12月は年末。決算月でもあるので、携帯乞食には最適なタイミングです。

特に週末は高額キャッシュバックの案件も増えるので大盛り上がり。

 

でも、AUもドコモもソフトバンクも5回線埋まってて身動き取れないよ・・という人もいると思います。

でも大丈夫。

解約して新たにMNP弾を作らなくてもMNPできる方法があるのです。

 

それが「切断型MNP番号発行」という方法。

普通にMNP予約番号を発行すると、その時点では回線解約扱いにはならず、携帯ショップでの契約時に解約扱いになります。

が、「切断型」で発行すると、MNP予約番号発行時に回線が解約になるため、この時点で、枠をあけることが出来るんです。

つまり、MNP番号を持ちながら、枠をあけた状態にできるということ。

 

これなら2キャリアで5回線上限が埋まっていても、回線を交換することができますね。

 

うまく切断型MNPを利用して、携帯乞食を捗らせちゃいましょう!

 

 

さらに・・・

超絶怒濤の携帯乞食向け激アツ案件発生中!キャッシュバック日本一!特にオススメはiPhone8の月額0円維持裏技!ここには書けない秘密のキャンペーンも!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析