2016年の携帯乞食業界動きまとめ!総務省の提言を元に何が起こるのか考えてみた!

2016年の携帯乞食業界動きまとめ!総務省の提言を元に何が起こるのか考えてみた!

2016年は携帯乞食激動の1年になるかもしれません。

総務省からいろいろ提言されているので、以下の5点をまとめてみました。

 

  1. NTTドコモの「らくらくパック」やKDDI(au)の「ジュニアスマートフォンプラン」や「シニアプラン」のように、対象端末や年齢を制限しているプランの対象端末・年齢を拡大すること
  2. 低容量(1GB以下)のデータ定額プランを作ること
  3. 通話時間制限のある「かけ放題プラン」において、より低い容量のデータ定額プランと組み合わせられるようにすること
  4. 長期間端末を買い換えない人やSIM単体契約時など、端末の購入補助を受けない場合に代替割引(あるいは料金のより安いプラン)を提供すること
  5. 総務省は定期的に料金と利用実態の検証を行うこと

 

簡単にまとめるとこんな感じ

1番の「特定の年齢層の特別料金プランの作成」

2番の「安い1Gプランの作成」

3番の「自由な料金体系」

4番の「長期契約者優遇」

5番の「販売の健全化」

 

といった感じでしょうか。

 

ちなみにこの中には「キャッシュバック」に関する文はひとつもありませんでした。

今年の携帯乞食業界はどう動いていくのか注目、期待していきたいですね!

さらに・・・

超絶怒濤の携帯乞食向け激アツ案件発生中!キャッシュバック日本一!特にオススメはiPhone8の月額0円維持裏技!ここには書けない秘密のキャンペーンも!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析